中学受験の算数は国語の力がないと解けない?

中学受験の算数は国語の力がないと解けない?

中学受験における算数の問題は、実は国語の力も必要としています。実際の問題がどのようになっているかについて、一度見てみるといいかもしれません。

中学受験における算数の問題はたいてい文章題になっており、まず問題文を理解する必要があります。
大人ならば問題なく理解できる程度のことしか書かれていないと思われるかもしれませんが、小学生が読むとなると、読み間違いや勘違い、あるいは正しく理解できていないといったようなことがあり得ます。
それが原因で不正解になってしまうということも起こりうるのです。この場合、算数それ自体の力はあっても、問題文を正しく捉えられないと正解することが厳しくなります。

国語力は他の科目に影響を与え得るのです。特に文章題で問題文が長めになっている算数は、国語以外で国語力が必要な最たる科目と言えるでしょう。中学受験では国語の力がいろいろなところで重要になってきますから、国語が苦手だと実はその影響で他の教科が苦手になるということも出るかもしれません。

算数における文章の正しい理解というのは、解ける、解けない以前の最低限のことなので、理解の仕方に問題がないかをチェックして、日ごろから意識して強化していくことも中学受験の勉強においては必要なのです。愛媛県行ってみない?

お知らせ